トラブルシューティング

トラブルシューティングのトップページへ戻る

TPW-437EDのトラブルシューティング

フードプリンター

印刷がかすれる、色が出ない

Windows10でTPW-437EDを操作している場合

対処法1:印刷設定を変更する

TPW-437EDでの推奨印刷設定は「普通紙」「きれい」です。その設定でも症状が改善しない場合は印刷品質を「詳細設定/品質優先」にしてみてください。

1.左下の「スタートボタン」(1)→「設定」(2)→「デバイス」(3)の順で選択します。

2.左メニュー「bluetoothとその他デバイス」(1)の関連する設定の下に表示している水色の文字「デバイスとプリンター」(2)を選択します。
※ここにない場合は左メニュ−「プリンタとスキャナー」をクリック後、「デバイスとプリンター」確認して下さい

3.「PX-437series」を右クリックし「印刷設定」を選択します。

4.「基本設定」タブ(1)→「印刷品質」の「きれい」あるいは「詳細設定/品質優先」(2)を選択し、「OK」を押して設定完了です。

対処法2:実際のインク残量を目視で確かめる

TPW-437EDで使うインクカートリッジはオートリセットチップを使用しているため、プリンタ本体またはパソコンでの残量表示と実際のインク残量が一致しておりません。必ずプリンタからインクカートリッジを取り外し、カートリッジ内のインク残量を目視でご確認ください。インクカートリッジ内にインクがない状態で使用するとヘッドの故障の原因となります。

1.左下の「スタートボタン」(1)→「設定」(2)→「デバイス」(3)の順で選択します。

2.左メニュー「bluetoothとその他デバイス」(1)の関連する設定の下に表示している水色の文字「デバイスとプリンター」(2)を選択します。
※ここにない場合は左メニュ−「プリンタとスキャナー」をクリック後、「デバイスとプリンター」確認して下さい

3.「PX-437series」を右クリックし「印刷設定」を選択します。

4.「ユーティリティ」タブ→「インクカートリッジ交換」( 1 )「次へ」(2)を押して、インク交換位置に移動させてください。

5.プリンタヘッドが交換位置に来ましたら、カートリッジのインク残量を確認します。インク残量は目視で見た時の残量が、画像の白いラインの下の量で交換が必要です。インクが入っていない状態で印刷をするとヘッドの故障になります。(空打ち)空打ちを避けるためインク残量を最初に3〜4ml程度余分に入れています。(インクコストに3~4mlは含まれておりません)

対処法3:ヘッドクリーニングを行う

ノズルチェックをしてノズルが正常でない場合はヘッドクリーニングを行います。

1.左下の「スタートボタン」(1)→「設定」(2)→「デバイス」(3)の順で選択します。

2.左メニュー「bluetoothとその他デバイス」(1)の関連する設定の下に表示している水色の文字「デバイスとプリンター」(2)を選択します。
※ここにない場合は左メニュ−「プリンタとスキャナー」をクリック後、「デバイスとプリンター」確認して下さい

3.「PX-437series」を右クリックし「印刷設定」を選択します。

4.「ユーティリティ」タブ(1)→「ノズルチェック」(2)を押して、「印刷」を選択します。A4普通紙をプリンタにセットし、印刷を行ってください。

5.印刷結果でインク欠けがある場合、ヘッドクリーニングを行ってください。

6.ヘッドクリーニングを行う場合は「ユーティリティ」タブ→「ヘッドクリーニング」(1)を押して、「スタート」(2)をクリックします。

ノズルチェックパターンの印刷とヘッドクリーニングは交互に1日3回まで行ってください。3回以上行っても復旧しない場合はヘッドにエアブロック(空気の壁)が出来ている場合があります。エアブロックを解消するために自然に空気が抜けていく約8時間以上置いてから再度ご確認ください。ヘッドクリーニングは多量のインクを消費しますのでご注意ください。

上記を行って症状が改善しない場合

上記で症状が改善しない場合はプリンタの故障の可能性があります。2017年12月31日をもちましてTPW-437EDは修理対応を終了させていただきました。ご理解ご了承の程、宜しくお願い申し上げます。

修理受付終了プリンタのお知らせ

不具合の症状を選んでください