質問
写真や文字が二重になって印刷されたり、デザインがズレて印刷されます。改善策はありますか?

答え
まずは、印刷設定を確認してください。
プリンタードライバーのギャップ調整機能で、印刷位置のギャップ(ずれ)を調節して印刷をお試しください。


下記項目1〜2を順にお試し下さい。

1,印刷設定の基本設定を確認する。

下記リンク先ページの項目
「1,印刷設定の印刷品質を「きれい」あるいは「詳細設定/品質優先」に変更する。」をお試しください。
http://soken-creative.com/?tid=12&mode=f60


2,印刷設定に問題なければ、下記の手順でギャップ調整を行ってください。

【対処方法】プリンタドライバのユーティリティの「ギャップ調整」を確認する

Windos10の場合
パソコンデスクトップまたは、タブレットお使いの場合はタブレット画面より、スタートボタン→設定→「デバイス」を選択して下さい




左メニュー「bluetoothとその他デバイス」の関連する設定の下に表示している水色の文字「デバイスとプリンター」をクリックしてください。
※ここにない場合は左メニュー「プリンタとスキャナー」を選択、「デバイスとプリンタ」の項目を確認して下さい



「PX-105series」を右クリック(タブレットの場合はタブレット画面を指で長押し)「印刷設定」を選択する



「ユーティリティ」→「ギャップ調整」(1)をクリックして下さい。
[次へ](2)ボタンをクリック後、または[実行]ボタンをクリックします。
※105EDの場合は、A4普通紙をプリンタにセットしてください。
※105EDFの場合は、冶具トレイの印刷範囲に冶具内部トレイをセットし、普通紙(157×273mm)を置いてください。
普通紙をセットした治具トレイをプリンタ背面にセットしてください。
[印刷](3)ボタンをクリックします。



ギャップ調整パターンが印刷されます。
それぞれの縦スジのないパターンの番号を確認し、選択してください。
※印刷されたギャップ調整パターンに該当するものがない場合は、最も縦スジの目立たない番号を選択してください。
※105EDFは少しだけ冶具トレイの表面に印刷されます。その場合食用アルコール(パストリーゼなど)でインクを拭き取ってください。
選択後、[次へ](4)をクリックします。



続いて黒印刷の紙送りの為のギャップ調整用シートを印刷します。
※105EDの場合は、A4普通紙をプリンタにセットしてください。
※105EDFの場合は、冶具トレイの印刷範囲に冶具内部トレイをセットし、普通紙(157×273mm)を置いてください。
普通紙をセットした治具トレイをプリンタ背面にセットしてください。
[印刷](5)ボタンをクリックします。



ギャップ調整パターンが印刷されます。
パターン印刷の中から、横スジや隙間、もしくは重なりが最も少ないパターンの番号を確認してください。 選択後、[次へ]をクリックしてください。



続いてカラー印刷のための調整シートを印刷します。
※105EDの場合は、A4普通紙をプリンタにセットしてください。
※105EDFの場合は、冶具トレイの印刷範囲に冶具内部トレイをセットし、普通紙(157×273mm)を置いてください。
普通紙をセットした治具トレイをプリンタ背面にセットしてください。
[印刷](7)ボタンをクリックします。



印刷された調整パターン番号を確認後、選択して[終了](8)ボタンをクリックします。



以上でギャップ調整は終了です。
普通紙などでテスト印刷を行ってズレを確認してください。

それでもズレる場合は、ズレた際の画像と動画を下記のメールアドレスに送っていただき、ご相談ください。
その際に、ご使用中の機種名ご記載ください。
※メールにて相談する
メールソフトを起動します