トラブルシューティング

トラブルシューティングのトップページへ戻る

FL200のトラブルシューティング

フードプリンター

インクカートリッジを認識しない

対処法1:インクカートリッジを確認する

正しい場所にインクカートリッジが挿さっているかご確認ください。異なる場所にインクを挿しこんでも認識いたしません。

黒線側にはブラックインク、セピアインクを入れてください。赤線側にはカラーインクを入れてください。黒線側にカラーインクや赤線側にブラックインクやセピアインクを入れるとチップが認識しません。

インクカートリッジは奥まで挿しこんでください。

緑色のフタの部分のプラスティックをカチッとなるまで押してフタをしてください。

インクカートリッジにはインクを塗布するヘッドやインクカートリッジを読み取る基盤(チップ)がついています。傷つけないようにお取り扱いください。基盤の部分がインクで汚れていましたら、テイッシュペーパーで優しく拭き取ってください。また冷蔵庫などで保管すると基盤の故障につながる可能性がありますので、常温でカートリッジを立たせた状態で保管してください。(同梱の取扱説明書11ページ参照)

またプリンタ本体側のカートリッジをセットする箇所のオレンジも基盤が汚れていたり、インクカートリッジ側の基盤(チップ)が汚れていると認識しなくなる可能性があります。その際はプリンタの電源コードを抜いて、汚れを綺麗に拭き取ってみてください。(対処法2参照ください)プリンタの基盤やインクカートリッジの基盤(チップ)はパストリーゼは噴きかけないでください。プリンタが壊れます。

カートリッジ側の基盤の四隅がめくれている場合は認識しませんので、新しいカートリッジに交換してください。

対処法2:本体側の認識センサー基盤の汚れとスピットキャップの汚れを確認する

プリンタ本体の電源を切った状態で、下記の操作を行って下さい。

本体にセットしているインクカートリッジをすべて取り外して、本体側の認識するセンサー基盤(画像赤枠部分)を確認し、インクが付着している場合はテッシュペーパーで優しく拭き取ってください。キムワイプは使用しないでください。

プリンタ本体電源切った状態で本体に裏側にセットしているスピットキャップを取り外した後、黒い吸収シート部分にインクが付着しているかキムワイプで確認し、インクの汚れを拭いて下さい。※スピットキャップの吸収シートのインク汚れが本体部分の認識するセンサー基盤に付着する場合があり、インクが認識しなくなる場合がございますので定期的にお掃除よろしくおねがいします。

上記を行って症状が改善しない場合

上記で症状が改善しない場合はカートリッジの基盤、またはプリンタ側に不具合が起きている可能性があります。お手数をおかけいたしますがメールフォームに不具合の症状を記載して送信してください。担当者からご連絡させていただきます。

メールフォーム

トラブルシューティング

トラブルシューティングのトップページへ戻る

FL200のトラブルシューティング

フードプリンター

不具合の症状を選んでください