フードプリンタ TPW-105ED(シート専用タイプ)

0830

43,200円(税込)

在庫状況 4セット

注意事項
利用規約への同意 ※下記に詳細あり
購入数
セット

利用規約

ご購入に際し、利用規約に同意をいただいた上でご購入頂いております。
必ず下記の利用規約をご確認いただき、「同意しない」から「同意する」に変更していただき、ご注文手続きを行って下さい。

プリンタ利用規約→こちらをクリック

フードプリンタについての詳細はこちら


ご購入検討中のお客様からよくあるご質問


別途、用意していただくもの

■パソコン
■画像編集ソフト(Photoshop、Illustrator等)
■可食シート >>購入はこちら
■USBケーブル >>購入はこちら

付属品

■プリンタ本体 1台
■電源コード 1本
■可食インク 各色1本(シアン/マゼンダ/イエロー/ブラック)
■インストールCD 1枚
■取扱説明書 1冊
※可食シート、USBケーブルは付属しておりませんので、ご用意していただく必要があります。

納期

■商品代引でお支払いの場合
注文日を除く、5営業日以内で発送を致します。
※お届け先が北海道、沖縄、離島の場合、航空機以外の方法によりお届けするため、発送から1日〜4日程度配達が遅れることがあります。
※5営業日以内の着日の指定は出来ません。
■クレジットカードでのお支払いの場合
注文日を除く、5営業日以内で発送を致します。
※お届け先が北海道、沖縄、離島の場合、航空機以外の方法によりお届けするため、発送から1日〜4日程度配達が遅れることがあります。
※5営業日以内の着日の指定は出来ません。
■銀行振込でお支払いの場合
入金日を除く、5営業日以内で発送致します。
※お届け先が北海道、沖縄、離島の場合、航空機以外の方法によりお届けするため、発送から1日〜4日程度配達が遅れることがあります。
※5営業日以内の着日の指定は出来ません。

仕様

インク 4色独立インクカートリッジ
プリント方式 インクジェット(MACH)方式
インターフェイス Hi-Speed USB
消費電力 約12W
対応用紙 フードプリンター専用の可食シート
印刷範囲 210mm×297mm
対応OS Win、Mac
重量 約3.3キログラム(本体のみ、消耗品含む)
外形寸法 収納時:392×264×148(mm)

TPW-105EDの寸法図

PX-105の寸法図

 

動画

使用上の注意

可食インクは食品扱いとなりますので、開封後は速やかに使用してください。

原料の一部にプロピレングリコールを使用しておりますので、食品1g中36.3cm2以下でご使用ください。
*弊社で販売しております各シートにおいては以下をご参照ください。
可食シートにおける印刷可能面積は421cm2  

よくある質問

Q:インクのランニングコストは?
 A:1枚約127円(JIS画像(日本規格協会ISO JIS-SCIDNo.5「自転車」)をA4サイズとし印刷した場合)です

Q:インクの規格は?
 A:弊社の可食インクは、食用可食性インク(食品添加物使用)です

Q:プリンタの保証期間は?
 A:購入日より1年です
※状況によっては保証対象にならないことがございます。詳しくは【修理に関する注意事項】をご確認ください。

  • k
  • 30代
  • 男性
  • 2017/03/15 18:11:39
フードプリンター使用しての感想
半年間使用した感想を書かせていただきます。
それぞれの環境や機械によるでしょうが、わたしの場合購入後3カ月でインクの赤がでなくなりました。

使用頻度としては1日に1枚印刷する程度です。何度か復旧作業を試みましたが、変わらず、修理をすることに、、

その間の代替品を貸していただけたのは助かりましたが、1万円かかりました。

その後修理代の見積もりがでて17000円という価格でした。
3カ月の無料期間を5日ほど過ぎていましたが、代替品に1万円、修理代に17000円かかるのでは新しい物を買ったほうがいいのかな、と思いましたが、また壊れてもお客様に迷惑をかけるので、業務用の140万円ほどする、しっかりしたものを購入しました。

確かに非常に安く、手軽にプリントケーキをはじめることができますが、壊れてしまってはお客様に非常に迷惑が掛かってしまいます。またインク代も非常に高価です。

おすすめとしては、この機種を3台くらい常にもっていて、、というような使い方をすれば、そこらへんの心配はなくなるかもしれませんが、仕事として使用するにはとても不安定です。




ショップからのコメント
Kさま
ご意見いただきありがとうございます。
インクが出なくなるというご意見は弊社でも多々頂いております。
可食のサービス自体がまだ確立されていない部分も多いので、すぐに明確な解決ができかねる場合が多く、誠に申し訳ございません。
現在弊社で可能な対応としまして、インクの成分を新しくすることで、色素が凝固しにくく噴出が安定し易いインクに改良させていただきました。
今後もより使い易いインクを提供できるように努めてまいります。
代替え機の件に関しましては、インクを購入いただいている費用となりまして、機種そのものは無料でご用意させて頂いております。(修理ではない場合はお代は頂戴しております。)
(2017/03/17 15:20:55)
  • 洋菓子店です
  • 40代
  • 男性
  • 2016/07/05 22:04:59
わかりやすく箇条書きにしておきます
2016年1月に購入し平均週1使用してのレビューです。
・まず特筆すべき点が5ヶ月間使用、
 ケーキ約40分台に使用しましてインク詰まり発生。
 (ちなみに本機の保障期間は3ヶ月間です)
・インク詰まり解消のためヘッドクリーニングを
 何回も行いましたが回復せず
 ただ単にインクの無駄な消費になり、
 その為1色インクが空になり
 インクが1色でもなくなると反応しない設計のため使用不可に。
・インクの追加購入か修理かを検討後、修理をお願いすることに。
・TPW-105EDはプリントヘッド交換が容易に出来るものではなく
 さらに専用洗浄液の販売もないため、インク詰まりの場合
 即時、洗浄や交換の為の修理対象となります。
(尚、TPW-105EDなどは食用インク使用の為、詰まり易いそう)
・修理期間は混み具合によるものの約1ヶ月かかりました。
・自分の場合はプリントヘッドの洗浄後、回復出来ず
  プリントヘッドの交換となりました。
・ヘッド交換の対象になるかは洗浄後の判断になる為、
 洗浄費用、ヘッド部品代金の双方の費用が掛かります。
・修理依頼をすると上記の他に修理基本料金と
 プリンタ洗浄代金が掛かりまして、
プリントヘッド交換と判断された場合の修理費用は
 上記4点で1万7千円と別途消費税+送料になります。
・ヘッド詰まりへの対処法を聞いたところ、
 週一程度で電源を入れると自動的にインク通しが
 されるので固まるのを抑える効果があると説明を頂きましたが
電源云々前に週1以上の使用でしたが見事に詰まりました。
 (ちなみにインク回収、再販があった期間も使用しております) 
結果、半年に一度メンテナンスが必要になることがあるという
前提も踏まえでの購入をおすすめ致します。

当方は修理が1ヶ月かかる旨を聞き、
お客様からの注文に対応できない期間をなくす為
即時2台目を購入しまして、半年でメンテに出すとして
2台の交互使用で通年対応する予定です。
結局のところ、新品には本体のほかインクとシートが入っており、
追加でインクやシートの購入と上記修理代を考えると
新品と数千円の違いです。
メーカーさんでメンテナンスプランや保障の延長や延長プラン、
修理費用の明確化などがない限りは
この機器単体で使用し続けてのサービスは難しいと思います。
メーカーさん的にはそれでいいのかもしれませんが。
ショップからのコメント
貴重なご意見ありがとうございます。
上記の点も踏まえ、弊社のほうで一度見直しをさせていただき、ご案内等をさせていただこうと思います。
プリンタ及びインクにつきましても、弊社の中で、まだまだ改良するべき点があると考えておりますので、今後も何かございましたらご意見を頂戴したく存じます。(2016/07/08 15:57:40)